屈折異常 緑内障 白内障 網膜剥離 加齢黄斑変性 ドライアイ 結膜下出血 霰粒腫 網膜色素変性
屈折異常(近視・遠視・乱視)
近視について
近視とは、光の焦点が網膜の手前にきてしまいピントが合わない状態です。
近視の状態
遠視について
遠視とは、光の焦点が網膜の後ろにある状態です。
近くを見る時も、遠くを見る時も常に過剰なピント合わせをしないと、はっきり見ることができません。
遠視の状態
乱視について
乱視とは、光の焦点が1点に集まらず、ぼやけて見えたり、角度によって見え方が変わる状態です。
乱視の原因の多くは角膜の形状によるものです。角膜が変形してしまっているために光が乱反射してしまうのです。
乱視の状態
緑内障
緑内障には様々なタイプが有りますが、共通することは
視神経が障害されて視野が狭くなってしまうということです。
ほとんどの場合は無自覚ですこしずつ症状が進行していきます。
残念ながら失われた視野は治ることはありません。
40歳以上の日本人の5~7%は発症していると言われていますので
定期的に眼科で検査し、早期発見することが重要です。
緑内障の状態
白内障
白内障とは写真のように目の水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気です。
水晶体が濁るのは老化現象の一種ですが、糖尿病やアトピー性皮膚炎が
原因の場合もありますので注意が必要です。
視力が低下するという症状の他に、かすみ、まぶしさ、
なんとなく見えにくい等の様々な症状があらわれます。
白内障の進行を遅らせる点眼治療を行い、日常生活に支障が出るようになれば
手術による治療が必要になります。
白内障の目
網膜剥離
何らかの原因で網膜がはがれて硝子体の中に、浮き上がってしまうことがあります。
これが網膜剥離です。
網膜剥離は、網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。
症状として、黒いゴミのようなものが見える(飛蚊症)、
目の中でピカピカ光が見える(光視症)、
視野が欠ける(視野欠損)、見たいものが見えない(視力低下)等があります。
眼底検査や視野検査を行います。
当院では最新型の無散瞳眼底カメラ「デイトナ」を導入し、
迅速で体に負担の少ない検査を行っています。
網膜剥離の目
加齢黄斑変性
加齢黄斑変性は、黄斑部の機能が、加齢等の原因で障害される病気です。
脈絡膜から発生する新生血管がある場合は「滲出型」、ない場合は「萎縮型」と分類されます。
●滲出型(しんしゅつがた)
新生血管は非常にもろく破れやすいため、出血を起こしたり、血管中の成分がもれたりして、急激に視力が低下します。
 
●萎縮型(いしゅくがた)
加齢により網膜が変性し、徐々に萎縮して黄斑部が障害されます。進行が徐々に進むため気づきにく場合があります。
時間の経過とともに新生血管が発生し滲出型になる場合もあります。
当院では高画質、高解像度で網膜の断層を撮影できるOCTを用いて診断を行います。
患者さまにも分かりやすい画像表示ですので丁寧にご説明いたします。
加齢黄斑変性は早期発見・早期治療が大切です。
簡単なテストでチェックし、気になることがあればお気軽にご相談ください。
加齢黄斑変性チェック
加齢黄斑変性チェック
ドライアイ
ドライアイとは目をおおう涙が不足したり涙の質が悪くなることで、
乾燥したりゴミや細菌からの保護が十分できず目の表面に障害が生じる状態をいいます。
様々な症状がありますが、主に「目が乾く」「ごろごろする」「目が疲れる」「目が重たい」という症状があります。
次のチェックシートでドライアイの可能性をチェックしてみましょう。
ドライアイチェック
結膜下出血
様々な原因で結膜の下の細い血管が破れて出血することで白目が
写真のように赤くなってしまうことがあります。
基本的に出血は自然に吸収されるのですが、外傷を受けて出血した場合や、
目やに・痛みを伴う場合、頻繁に繰り返す場合、
熱を伴う場合、原因が不明な場合は治療が必要です。お気軽にご相談ください。
結膜下出血
霰粒腫
まぶたにあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、
写真のように塊ができる病気です。
細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。
高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要であることもあり、注意が必要です。
霰粒腫
網膜色素変性
網膜色素変性は写真のように眼底の網膜に黒い色素が沈着することが多く、
網膜動脈が細くなったり視神経が萎縮して
視野狭窄や、夜盲、羞明、視力低下がおこる、遺伝性の病気です。
現在のところ根本的な治療方法はわかっていません。
網膜色素変性
村田眼科医院 外観
アクセス
大きな地図で見る